ジェーン・マクドナルド

2011/02/27 23:00 チャレンジャー

東京シャイン・オン!マラソン・チャレンジ2011ランナーのジェーン・マクドナルド

ジェーン・マクドナルドさんは、2011年2月27日(日)に開催された東京シャイン・オン!マラソン・チャレンジ2011に参加し、東京の国立成育医療研究センター近くにあるタイラー基金運営のフルサポート施設、シャイン・オン!ハウスのための募金活動を支援してくれました。この施設では、入院している小児がんの子どもたちのきょうだいの保育、緊急の場合の宿泊サービスや毎週行われる小児患者のための各種イベントなど、あらゆるサービスを提供しています。

 

ランナー

名前: ジェーン・マクドナルド
自己紹介: 7年間東京に住んでいるオーストラリア人で、健康でいられること、良き友人たちに恵まれて楽しい日々を楽しんでいます。きっと誰もが自分の内面に小説やマラソンといった要素を持っているのでしょう。私はまだ自分自身にアスリートや文学的要素を見つけていません。2011年がランナーとしての年となるか、物書きとしての年となるか、それともただのうさぎ年となるのか見てみましょう。
出生地: オーストラリア
趣味: 文章を書くこと、ランニング、健康を保つこと、良き友人たち
 

レース

マラソン走行距離: 42km
 

レース前インタビュー

マラソン経験はありますか?

マラソンは今回が初めてです。

あなたのサポーターに伝えたいメッセージはなんですか?

励ましやサポート、ありがとうございます!本当は家でスニッカーズでも食べていたいところですが、代わりに東京中をジョギングし、コースをフィニッシュしたいと思います。42キロは本当に本当に長い距離です。
小児がんの子どもを持つご家族を支えるために日本でイノベーティブでインスピレーショナルなイベントを開催し続けるタイラー基金をサポートすることを考えてみてください。皆さんのご支援をお願いします!

 

レース後のコメント

もし、「マラソンってなかなか楽しいよ」と言う人がいたら、私は「どうかしてるんじゃない?」とでも言ったでしょう!でも、どうかしているのは私の方だったかもしれません。最高の日になりましたから。何時間も天気予報や何を着たらいいか気を揉んでいましたが、ランナー、観衆の方々、ボランティアの方々全てにとって素晴らしい一日となりました。誇らしい気持ちで「ビーズ・オブ・プライド」を身に付けました。同時に、初めてのマラソンでどのような走りができるかわからなかったから、多少の不安も抱えていました。走り続けるためには、何度か気力を高めなければなりませんでした。首に掛けたビーズに手を触れて頑張ったんです。数千人の観衆の「頑張れ、ファイト、ファイト!」という大きな声援にも元気をもらいました!ゴールラインを走り抜けた時と、その後の自分の気持ちはあまりうまく説明できません。両方のこぶしを高く突き上げたのはよく覚えています。たぶん、喜びの雄叫びを何度か発したでしょう。その時の写真を見れば、全く違う様子だったかもしれませんけどね!この取り組みを支援し励ましてくださった皆様に感謝します。たくさんのあたたかい寄付をいただきまして、ありがとうございます。週末のトレーニングやその後の昼寝を辛抱強く見守ってくれ、マラソンコースで応援してくれた家族に感謝します。このような素晴らしいイベントに参加する幸運に恵まれ、誇りと感謝の気持ちで一杯です。タイラー基金を支援することができ、大変うれしく光栄でした。

 

ジェーン・マクドナルドさん、ありがとうございました!

ジェーンは東京シャイン・オン!マラソン2011で、タイラー基金のために593,000円を募金してくださいました!

このランナーに寄付していただくには、下の「支援する」ボタンをクリックしてください。PayPalの送金ページに移動します。





20 Comments

  1. Kami Fukuda より:

    go jane go!!!

  2. Nancy Koritz より:

    Congratulations! Are you running in Kitten Heels?
    Wishing you a fabulous run.

    Love,
    The Koritz Family
    c/o the Arctic Tundra
    Igloo #5A

    Canada

  3. Yukari Kamibayashi より:

    Jane, I know you can do it! Go for it!!

  4. dawn novotny より:

    janie,

    your great wit and character will go along way to helping you hop along those 42km.

    best to you and fellow runners,
    dawn

  5. Miyuki Kurihara より:

    Hey, Jane,

    You’re such a cool runner… I’m so so proud of you.
    Run, Run, Run!

    All the best,
    Miyuku

  6. Harue より:

    Wow, 42 km! Best of luck, Jane. I respect you for what you are trying to do to support Tyler Foundation.

  7. Lindy Lek より:

    Gambatte!

  8. Naoko Shimizu より:

    So, you are doing it! You are an amazing girl, Jane.
    All the best of luck!

  9. Miriam McDonald より:

    Jane, Jane, you don’t want to eat Snickers. You want to eat superior Belgian and Swiss chocholates and I will organise Kate and Anna to be at the pitstops with relevant supplies for you. Also will organise taxi voucher for you as my donation is not dependant on marathon completion. The Foundation will receive $$ in honour of your chutzpah!

  10. Regina Salathe より:

    I am inspired and will eat chocolate in your honor that day. Way to go Jane!

  11. Kimiko Kan より:

    42K, wow!! You are amazing in so many ways!
    I wish you all the best for your run, gambatte!

  12. Akiko Arakawa より:

    Jane, “Can you make it!!!” N’s mantra can shadow you during the race and you will breeze through the 42k. If not, you can borrow Ojai.

    Very inspiring — rooting for you all the way!

    xo, Akiko

  13. Noriko Igarashi より:

    Good luck, Jane!

  14. Meg Nakajima-Caldwell より:

    Jane, Gambatte!!! Go Jane, Go!!

  15. McDonald family - Buninyong より:

    Dear Jane,

    Steve Moneghetti sends his personal best wishes from Ballarat. He saw you training around the lake and asked me to pass on three sage pieces of advice: (1) carbo-loading is for wussies; (2) go hard early and just push through the pain barrier; and (3) taxi vouchers can come in handy.

    We know you can do it. The high altitude training in Ballarat will give you a competitive advantage. Go for it!!

    Best wishes,

    John, Jenny, Sarah and Tess.

  16. Simon, Kate & Anna より:

    See Jane run.

    We will be there cheering you on…..and the girls promise you a snickers at the end.

  17. Yumiko Reed より:

    I can imagine you will be at the finish line from the long 42 km running…. Go for it!

  18. Alison and Robert Quinlivan より:

    Good luck next Sunday. We will be thinking of you and cheering from Seoul. Go Jane.

  19. Mayumi Toyota より:

    Go for it, Jane!

  20. Jennifer Dacus より:

    Good luck tomorrow!