What We Do

ビーズ・オブ・カレッジ プログラムについて

シャイン・オン!キッズは、日本で唯一のビーズ・オブ・カレッジ(Beads of Courage®=勇気のビーズ)の国際パートナーです。

ビーズは治療の記録。そして勇気の証。ビーズ・オブ・カレッジはアートを医療に融合させるプログラムの一つで、アメリカの小児腫瘍科で看護師勤務経験を持つジーン・バルーシ氏によって考案されました。重い病気と闘う子どもたちが自らの回復力や抵抗力を高められるように考えられた、人間の持つ治癒力に根ざした介在法です。

ビーズ・オブ・カレッジの仕組み

ビーズ・オブ・カレッジの内容について

このプログラムは、小児がんや重い病気の子どもたちが、自分の闘病生活での治療過程を記録し、勇気や頑張りを讃えるものです。白は化学療法、黒は穿刺、手術のときは星・・・色や形それぞれに意味のあるビーズが子どもたちの強さ、誇り、希望を物語っています。

子どもたちは、受けた治療をすべてビーズ日記に記入します。担当の看護師、臨床心理士、チャイルドライフスペシャリストなどの医療スタッフは、シャイン・オン!キッズの研修を受けたのち、ビーズ大使に就任します。大使は基本的に週1回子ども一人ひとりと、その週に受けた治療について話しながら、子どもたちの気持ちを聞き、ビーズ日記を振り返り、新しいビーズを一緒に繋ぎます。

小児がんの子どもたちが集めるビーズは、年間平均900個にもなります。紐でつながれたハイクオリティのガラス、セラミック、樹脂等でできたビーズは、美しくもありとても重いものです。その重さと長さは、治療にむけて課せられた長い旅路と、それに臨んだ子どもたちの勇気の象徴なのです。

Strand length represents ONE WEEK of treatment

様々なビーズの中でもひときわ特別なものがあります。日本人のビーズ・アーティストが製作・寄付による手づくりの「がんばったねビーズ」は、特に大変な時期を過ごしている子どもに渡されます。これはご褒美としてではなく、子どもたちに今直面している困難を乗り越えるための勇気が備わっていることを、思い出してもらうためです。

シャイン・オン!キッズは、現在全国でビーズ・オブ・カレッジ プログラムを導入している22の病院に対し、クオリティの高いプログラム運営に必要な材料、研修すべてを提供しています。

導入病院

  1. 2009年10月より 茨城県立こども病院
  2. 2010年5月より  大阪市立総合医療センター
  3. 2011年3月より  東京都立小児総合医療センター
  4. 2011年5月より 千葉大学医学部付属病院
  5. 2011年5月より 神戸大学医学部付属病院
  6. 2011年6月より 島根大学医学部付属病院
  7. 2012年1月より 札幌医科大学付属病院
  8. 2012年2月より 東京医科歯科大学医学部付属病院
  9. 2012年2月より 大阪赤十字病院
  10. 2012年10月より  がん・感染症センター 都立駒込病院(2014年3月終了)
  11. 2012年12月より  兵庫県立こども病院
  12. 2013年4月より  成田赤十字病院
  13. 2013年6月より  独立行政法人地域医療機能推進機構 中京病院
  14. 2014年9月より  チャイルド・ケモ・クリニック
  15. 2015年1月より  静岡県立こども病院
  16. 2015年9月より  慶應義塾大学病院
  17. 2015年9月より  高知医療センター
  18. 2015年11月より  東京慈恵会医科大学附属病院
  19. 2016年6月より  九州がんセンター
  20. 2018年8月より  国立がん研究センター中央病院
  21. 2018年9月より  沖縄県立 南部医療センター・こども医療センター
  22. 2020年4月より  筑波大学附属病院
  23. 2020年4月より 横浜市立大学附属病院

ご支援について

チーム・ビーズ・オブ・カレッジに参加する

マラソン、長距離水泳、登山を試みる、重要な試験に向けて学習するなど、何かにチャレンジをする際にビーズを持って参加してください。そのビーズが、全国のビーズ・オブ・カレッジに参加する子どものひとりに渡されます。

詳しくはこちら

シャイン・オン!キッズのビーズ・オブ・カレッジ プログラムは現在、全国で22の病院で導入されています。患者様ケアの必須プログラムとして、日本のすべての病院に導入されることを目指して、皆さまの貴重なご支援をよろしくお願いいたします。

募金する

お問い合わせ

ビーズ・オブ・カレッジプログラムについてのお問い合わせは、シャイン・オン!キッズ boc@sokids.org宛にお願いいたします。各病院へお問い合わせをされませんよう、どうぞお願い申し上げます。

Like our Facebook fanpage